雇用関係の助成金についての抜粋は下記の通りです。
申請手続き等の業務のお尋ね、ご依頼はメニューのお問合せよりお申し付けください。

《雇い入れ》

  •  特定求職者雇用開発助成金・特定就職困難者雇用開発助成金
対象企業

助成額
60才以上・母子家庭の母・父子家庭の父・障害者(6級以上)を雇い入れた企業

60万(30×2)(短時間労働者40万(20×2))(障害者90~240万)     ※障害者はトライアルとの併用可 

・高年齢者雇用開発特別奨励金

対象企業

助成額
65才以上の離職者(3年以内)を雇い入れた企業

60万(30×2)(短時間労働者40万(20×2))

・就職氷河期世代安定雇用コース

対象企業

助成額
35~55才で、過去5年間に正規雇用期間が通算1年以下で、過去1年間に正規雇用の期間が無い者を、正規雇用として雇い入れた企業

60万(30×2)
  •  試行雇用(トライアル)助成金 
対象企業

助成額
ミスマッチを防ぐため職種、業務の経験の無い人、又は過去2年以内に2回以上離職転職を繰り返している人、 学卒未就職者、母子家庭の母、父子家庭の父、等をハローワークの紹介により試行雇用した企業

月額4万円(1人当たり)最長3ヶ月間(※事前申込が必要)

《子育て支援》

  •  育休復帰支援プランコース   ※一般事業主行動計画が必要
対象企業
助成額
「育休復帰支援プラン」を策定及び導入し、対象労働者が育休取得した場合、及び復帰した場合
それぞれ28.5万円(1企業2回まで)※条件あり
  •  代替要員確保コース
対象企業
助成額
育児休業取得者(3ヶ月以上休業)の代替要員を確保(3ヶ月以上雇用)し、本人を原職等に復帰させた企業
※雇用後育児休業開始までに1年以上 47.5万円(復帰後6ヶ月経過後に申請)                
  • -1 出生時両立支援コース(育児目的休暇)
対象企業
助成額
男性従業員が子の出生前5日以上の育児休業を取得させた企業
36万円                
  • -2 出生時両立支援コース(男性労働者の育児休業)
対象企業

助成額
男性従業員が子の出生後連続5日以上の育児休業を取得させた企業

57万円(2人目以降 14.25万円)                

《介護支援》

  •  介護離職防止支援コース
対象企業

助成額
介護離職を予防するための取組み 社内アンケートを実施し、介護休業、介護短時間等を利用したとき

28.5万円~114万円

《非正規雇用労働者の雇用の安定》

⑦ キャリアアップ助成金

正規雇用等転換コース

対象企業

助成額
正規雇用等に転換する制度を規定し、有期契約労働者等を正規雇用等に転換した企業

転換後6ヶ月経過後申請 57万円(1事業所当たり15人まで) 母子家庭の母、父子家庭の父の場合加算あり

《従業員の教育訓練》 

  • 人材開発支援助成金
対象企業

助成額
雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、職業訓練等の実施をした事業主

経費の補助、人件費の補助(対象訓練、対象労働者によって多種あります。)

《定年の延長》

  •  65歳超継続雇用促進コース
対象企業

助成額
1年以上雇用している60才以上の従業員がいる企業で、65歳以上に定年を延長又は撤廃した企業

人数により10万~160万 

《介護事業所の雇用改善》

  •  介護福祉機器助成コース
対象企業

助成額

備考
介護労働者の身体的負担を軽減するために、新たに介護福祉機器を導入し、労働環境の改善をみた事業主

導入費用の1/4 上限150万円

導入前に計画書の提出が必要

※これらの制度は法改正により、変更または廃止になることがありますのでご注意ください。
※これら以外にも助成金がありますので、お気軽に担当者までご相談ください。
※ここに書いてある以外にも、満たさなければならない要件がありますので、詳細は必ずご相談ください。